FC2ブログ

祝!テ-マカラ-は赤!

2012年6月30日スタジオリラックス完成!
目印は赤い看板!
9.png
新スタジオ式典は、施工業者である積水ハウス株式会社主催の竣工セレモニ-と、スタジオ主催のパ-ティ-を合体。大変晴れやかな会になりました。

当日、朝から、たくさんのお祝いのお花が届きました。いつも暖かいご指導頂いている諸先生方、ご声援頂いている皆様、本当にありがとうございます。
お花のディスプレイは、ユリ先生がいつも花の仕事でお世話になっている(はなまつさん)会場は一気に華やかになりました。
1.png


スタジオリラックス専属舞台監督森氏は、朝から会場設営に。(いつも本当にありがとうございます!)
11:00スタジオ内部の設営が、イベント業者さんによって開始。大切な床は、赤のパンチカ-ペットで養生。外部も着々と竣工式の準備が進みます。
そして スタジオの発表会でも裏方を仕切って下さるお母様部隊が11:45到着。みどり先生と共にパ-ティ-の準備をおまかせしました。学校や用事で参加できなかったメンバ-の皆さんもおられましたが、子供たちや大人クラスの皆さんもぞくぞくと集合。開式を待ちます。
2.png

続きを読む »

残像

5年間お世話になったスタジオ。今日引越しスタ-ト。
スタジオ三室戸
空っぽになったスタジオに、ぼ-っと座ってみる。初めてこのスタジオに来た時の事を思い出し、生徒達ひとりひとり、小さかった頃の残像が見えてくる。ちょっと うるうる・・・
5年前プチバレリ-ナだった生徒も、いまや皆、私の身長をぬかしてしまってますね。

新しいスタジオ。
また生徒の皆さんの成長を刻んでいくことでしょう。楽しいこと、嬉しいこと、泣いてしまうこと、色々沢山のバレエの時間を、また皆さんと共に。

初心に立ち返り、武者震いするユリ先生でした。

鍵をもらう

6/14 建築業界で言う(引渡し)という最終工程です。営業・設計・建築担当の方々立会いの下、本日ついに鍵をもらいました。ユリ先生がこだわった色やデザインについては、何回もサンプルを揃え、様々な提案に付き合って下さった設計担当の方。細かい注文に嫌な顔ひとつせず、バレエスタジオとしての特殊な工事を監理してくださった現場監督。
営業担当の方には『生徒さんの安全のために』と、プランニングや施工面で多くのアドバイスを頂きました。忙しさのあまり つい弱気になった時は、叱咤激励も・・・『生徒の皆さんのためにがんばりましょう』営業の方の言葉のおかげで、いつもテンションが上がり、建物にひとつの妥協もなく完成にこぎつけることができました。本当に積水ハウスの皆さんには感謝しております。

さあ、スタジオは最後の仕上げです。

現在のスタジオ内部ほぼ完成していますが、室内の細かい造作工事と、外構工事が残っています。
今朝もレッスン前ぎりぎりに、外構工事を担当して頂いている業者の方と、雨水桝にいかに効率よく水を流しこむかの打合せ。電話を切ったらすぐレッスン。頭を切り替えるのに普段の3倍の力が必要・・・(笑)

竣工まであと16日。

びょんびょんジャンプ

スタジオ鏡上部窓
スタジオ鏡側
この壁一面に鏡&バ-がつきます。
窓のすきま風防止&鏡を見すぎ防止のため カーテン設置予定。カーテンも既製品ではなく、舞台監督 森氏とイメージ打合せ中。

先日は東京からこられた、床メーカー(TANZ JAPANさん)がバレエ専用床を施工『先生、最高のものをつくります!!』なんとも嬉しい言葉。プロ意識と気合い…バレエで繋がる輪に誇りを持ちました。

床の感覚はすでにユリ先生試験済みで、とても素晴らしいものです!スタジオリラックスのメンバーの皆さん、足に負担なく、びょんびょんジャンプできますよ♪

工事ふつかめの夜、TANZ JAPAN さんと食事をご一緒しました。毎日がバタバタのユリ先生も、新しいスタジオ建築を通しての素晴らしい出会いに癒されたつかの間。

竣工まであと少し~



私の足の感覚

4/23上棟式。上棟式とは新しい家への祝福とともに、職人さんたちへのねぎらいと今後の 工事の無事完成を祈願する儀式。

今日は上棟式と共に床のチェック日でもあり、朝からユリ先生は仕上がり手前の床で堅さ、衝撃吸収等々を試しました。バレエは微妙な堅さと衝撃を吸収する柔らかさが必要。スタジオ建設の中で山場と言ってもいいでしょう。ダンサ-の足の感覚だけが基準なだけに とても難しいのです。
営業・設計・現場監督・工事店社長・父・・・、『妥協しないでいい状態を作りましょう』という より質の高いものにという皆さんの意識に、本当に感謝です。

メンバ-の皆さんが のびのび踊れる床になりますように!
子供たちの大切な足を守る床になりますように!

上棟式1
レッスン着のユリ先生…だれよりも姿勢がいい( ̄▽ ̄;)
上棟式2
おたふくさんを前に皆で軽食

 | ホーム |  次のページ»»