宇治市民文化芸術祭 終了

2017.10.29 宇治市民文化芸術祭が終了しました。

一週間前の舞台リハーサルは台風直撃。警報の出る中 会館・他のバレエ教室の先生方との検討の結果、出席は保護者様のご判断にお任せするとしてリハ決行。当スタジオは出演者全員出席。大雨の中、引率頂いたお母様。ご自宅待機のご家族様のご理解に感謝いたします。
今回の文化祭には、初舞台の出演者もおり、リハーサルで動けなくなってしまう生徒も。フォーメーションの訂正や出の変更、その他モロモロ・・本番 大丈夫かなあと心配しておりました。

本番当日、またもや台風。私は この文化祭主催の宇治市芸術文化協会の役員をしているので『台風の様子では中止も』という情報が耳にはいってました。朝早く、役員からの中止の連絡はなく・・・良かった みんな舞台に立てる。9:00会館に入りました。
楽屋では えみ先生中心にBC研究科のメイクスタート。前日にえみ先生とSUZUNAがきちんとメイクBoxを確認してくれていたので子供たちのメイクもスムーズに進み・・・
いよいよ スタジオリラックスの出番
私は影アナを読み ダッシュで客席に。最後列でリラックスのパフォーマンスを観ました。リハーサルの課題は全てクリアされているOK。お客様の反応もいい!
ただ客席に、ビデオを撮られている光が蛍のように後ろから見えて作品の演出を邪魔している・・・残念!あれほど 映像の撮影はお断りしたのに・・・文化祭では、なかなかそのあたりの徹底は難しいですね。
 
楽屋に帰ってきた生徒に『うん まずまずだったね』とユリ先生。小さなバレリーナはニヤリ。舞台終わりのいつもの風景。
初舞台の出演者さん。慣れてください。ユリ先生は舞台後『良かったよ~』と誉めません。だって これから長いバレエの時間が始まるのですから。この舞台終わりが次の舞台へのスタートライン。


今回、素敵なコンテンポラリー作品を振付指導くださったSANE先生。これからは木曜夜BLバレエクラスを指導頂きます。楽しみですね!
スタジオリラックス次のシーズンに突入。
皆様 今後ともご声援宜しくお願い致します。

全

へいたい2


ムジーク・クライン室内合奏団 定期演奏会のお知らせ

スタジオリラックス 発表会専属楽団のムジーク・クライン室内合奏団の定期演奏会のお知らせです。毎回、宇治文化センター小ホールが満席になるこの舞台。指揮者の外池先生のトークや意外な演出が人気の演奏会です。
スタジオリラックスには招待状を頂いておりますので、御入用の方はユリ先生まで!

34

夏休み最後のステージ

2017年8月27日
『みやび・宇治バレエの祭典』にスタジオリラックスから13名出演。
たくさんの教室からバレリーナが集まるこのステージは、毎年、夏休みを締めくくる舞台!
研究科SUZUNAは楽屋のお手伝いに来てくれました。BC研究科のAYARI・YUZUKI・MEIKA・REMI 差入れありがとう!
応援に来てくださったスタジオメンバーの皆様。発表会に続きご協力頂いた保護者の皆様 ありがとうございました。
1部

2部

3部

さあ次は宇治の文化祭です!



BALLET STAGE 2017 終演

2017年6月11日
スタジオリラックスの発表会★
無事に幕を下ろすことができました。

ご指導頂いた先生方、ギリギリまで私のイメージ実現に付き合って下さった舞台スタッフの皆さん。そして保護者の皆様、お母様たちのご協力に感謝申し上げます!! 暖かい応援を頂いたスタジオメンバーにも感謝!!

さて、今回はNBAバレエ団の協力で舞台背景も少しパンチのあるものになり、これからのスタジオ成長の足掛かりになったと思います。
脚本においては、バレエ教室の子どもの発表会ではありえない『悲劇』に挑戦。
皆様から 『泣けてきたわ・・・』と好評メールを沢山頂きました!

今年の発表会では、バレエの各自の技術成長はもとより、合同レッスンでリーダーシップを発揮するようになった生徒や、まわりを気遣うようになった生徒も見受けられました。
これからも、スタジオリラックスは 小さなバレリーナからお姉さんまでが 年齢関係なく、ひとりの人間として成長出来る場であってほしいと願っています。

さあ次は<8月 みやび宇治バレエの祭典>と<10月 宇治市文化祭> です!


STUDIOTELAX 発表会のお知らせ

スタジオリラックスの発表会が催されます。
毎回、スタジオリラックスの創作バレエは、多くの皆様に好評を頂いております。

今回の創作バレエは、古典バレエ『眠れる森の美女』の脚本を改訂。
世界初のストーリーには、意外な結末が・・・・・

ぜひ会場にお越しいただきまして、暖かいご声援をよろしくお願い致します。

6月11日(日)15:30開演 宇治市文化センター大ホール 入場無料

表紙

 | ホーム |  次のページ»»